2017年6月29日木曜日

1:58の形意拳

先日、弟の絵が大阪の有名なギャラリーに展示されたので観に行った。

これまで何度弟の絵を観に行っただろう?
しかし弟は、兄である私の表演や試合を一度も観に来たことがない。
まあ、いいのだが・・

今回展示された弟の絵を観て思ったこと。

「すばらしい!」
「父の息子の絵だ!」
鳥肌が立つほど感動した。

値札をみるとそれなりの価値がついていたので、それもまた嬉しかった。
自慢の弟だ。

弟の作品は今まで日本最大の展覧会で毎年入選。
もう数えきれないほど。
これまで何度か特賞をとったこともある。

しかし私は正直弟の絵が好きになれなかった。
モチーフもそうだが、色遣いが一辺倒で伝わってくるものがなにもない。
ほとんど魅力を感じなかった。

以前、弟に何故ああなるのかと尋ねたら、絵の具を買う金がないと言った。
その時私は本気で弟に絵の具を買ってやりたいと思った。
まあ実際は買うまでには至らなかったのだが。

その後また弟に尋ねてみた。
何故ああなると。
弟が本気を出せばもっともっと独創的な絵が描けるはずだと思っていたから。

その答えは、いわゆるその傾向があるという理由だった。
私はようやく理解した。
弟は自分の描きたい絵を描いていたのではないと。

これと同じように
私もまた、今、自分がやりたい形意拳ではない練習を行っている。
いや、形意拳の套路そのものは好きなのだが、問題は時間制限。
私の形意拳は2分ではとても収まらない。

収まらない理由は
手数があるからではない。
全くその逆で、一発を打ち込むのにそのパワーをチャージする時間が欲しいということ。

形意拳が他の流派と大きく違う点は、圧倒的に手数が少ないこと。
連打して徐々に相手にダメージを与えるのではなく、一発で倒すところにある。

これでもかと言わんばかりに打ちまくり、息を切らせてしまい、
足元がふらついてしまっているのはとても形意拳とは思えない。
私が知る形意拳は速筋中心の無酸素運動ではないからだ。

「発勁如虎」という言葉通り、一発で獲物を狙おうとする虎と同じ。
駆けあいになり長距離走になったら草食動物には敵わないからだ。

だから本来鍛錬法である套路でその一発を打つためには力を溜めなければならない。
その部分をしっかりやろうとしたら2分ではとても足りない。

自制しながらも2分以内に収めようと早く動いてみる。
1:58
何度はかっても同じタイム。
いつも時間との戦いだ。

昨日、弟子に自分のその演武を目の前で披露した。
人に見せるのは好きではないが、弟子の意見を聞きたかったから。

演武し終わると弟子は心から感動してくれた。

もう、私はこれでも十分だと思った。
私のことを一番良く知ってくれている弟子に評価されるのが一番嬉しい。

傾向対策は大事だと思うが、
かといって自分の武術を捨てたくない。
いかに時間内に自分の武術を収めるかが私にとっての勝負。

今になって弟の気持ちがよくわかる。

2017年6月28日水曜日

動画サイトをすすめない理由

以前、ある先生に言われたこと
「動画サイトは見ない方がいい」と。

その言葉だけで特に詳しい説明もなかったので
その時は何故だかわからなかった。

動画サイトを見れば、様々な流派の中国武術を美しく演武している動画がたくさんある。
その頃は、単純に美しいと思った。

しかし今はどうだろう?

私の中で見てはいけない動画がある。
そして、動画サイトやSNSなどで投稿されているその武術系の動画を観た時、
私は瞬間的に見ないよう飛ばしたり、非表示にしたりしている。
無論自分から観に行くこともない。
仮にそれが静止画であっても。

理由は実にシンプル。

具合が悪くなるから。

人間本物がわかるようになると、
自然と本物を求めるようになり、
そうでないものに対し拒否反応が起きるようになる。

それは、目から入る情報だけでなく、口、鼻、耳から入る情報も全て。
だから私は常に見るもの、口に入れるもの、空気、
そして接する人も選んでいる。

自分にとってマイナスな影響を及ぼすものには極力触れないようにしている。
自分を守るためだけではない。
それは自分の周りにも伝染するからだ。

周りを変えたいならば自分が変わる。
このことは半世紀生きてきた中で何度も学んできた。

話を戻すが、
先程、見ない動画と言ったが、それは中国武術に限ってのこと。
バレエやフィギュアスケート、体操競技などは好んで観る。
中国武術は武術であって、舞踊や体操ではない。
もちろん人それぞれ好みがあるように、少なくとも私はということ。

実は最近、カンフー映画も受け付けなくなってきた。
子供の頃、カンフーに憧れ、あれだけカッコいいと思ったのに、だ。
今は見てもほとんど熱くなれない。

どうやら私はそれが本物かどうか見分ける力が身に備わってきたよう。

わずかでも早回しが使われているとそれが嘘だとわかってしまい
ほんのわずかでもワイヤーを使うとそれが人間の力を超えた跳躍力でないことがわかる。

というより、私は元々カンフー映画の中でのワイヤーアクションが好きではない。
映画ファンの方には申し訳ないが・・

それに過剰な効果音も受け付けない。

最近私は形意拳のPVを作って動画サイトに公開したが、
あのPVを編集する時に効果音を入れるかどうか迷った。
様々な効果音を集めてみたが、結果使用を全面却下。

いや、正直言うと一か所だけ入れた。
その理由は暗闇の中で単焦点レンズを使用して撮影したため、
肝心な部分のフォーカスがぶれてしまい、それをうまく繋ぐために止む無くエフェクトと効果音を入れた。

その一か所以外の音は全て本物。
空気を割く音や服がなびく音、地面を叩く音など。

早回しも使ってないし、
ワイヤーなどあるわけもなく、
最後のシーンだけスローモーションを入れた。

実はそのスローですら今は気に入らなくなってきている。

逆に私が今一番見たいもの。

それは師匠の演武。
いや、師匠のオーラ。

そもそも私が美化された武術を受け付けなくなってきたのは
約10年目に再開した師匠の姿を見てから。
もう本当に衝撃的だった。
10年と言う時間差があっただけに尚のことだった。

美しいのではない。
師匠から出ている空気があまりにも凄いのだ。

決して大柄ではない、
どちらかといえば小柄な師匠が動き始めると師匠が大きく膨らんで見える。
その見え方は動画や写真にしても決して写らない。

手を合わせると、師匠の意のままに操られ身動き取れなくなる。
感じるのは手と手というより、空気。

これが本物の楊式太極拳だと思った。

私が最初に出会った師は
本物の楊式太極拳を教えてくださる方だった。
なんと私は恵まれているのだろう。

この縁を宝とし、後世に伝えて行きたいと思った。

2017年6月27日火曜日

やわらかいとは?

やわらかいとか硬いとか言うが、
なにが柔らかくて何が硬いんだろう?

昨夜、ある会員さんの動きを見ていたのだが、
もう教えることはないと思った。
ご本人にも「非の打ち所がない」と伝えた。

正しく動けているし
とてもやわらく動けている。

ここで言うやわらかいとは、柔軟性ではなく、
その動きが空気に逆らっていないという感じだろうか?

水の中で体を動かしていると水の抵抗があるから、自然と無駄のない柔らかい動きになる。

高校時代、1年だけ水泳部にいたことがあるのだが、
いわゆる泳いでいる柔らかい姿に憧れた。

動きに無駄がない。
無駄なことをしようとしても水の抵抗があるから、できない。

しかし空気中だと、抵抗が少ないからどうしても無駄な動きや、
硬い動きになってしまう。

動きがギクシャクしていたり、
連綿でなかったり、
動きそのものがぶれていたり・・

だからこそ気功を行う。

空気を感じる。
いわゆる気を感じる。

体の中に気が巡り、そして体の外にある気を感じる。
意識しなければ決してうまれないその気の存在。

意識すれば発生し、
無視すると消えてしまうとてもデリケートなもの。

気を信じる信じないは本人次第。
私の場合は信じる信じない以前にすでにその気の力を肌で感じてしまったから
存在を否定する方が難しい。

目の前に木があるのに、ないと思うのが無理なように。

気の存在を感じるようになると、その気の中で泳ぐような感覚になってくる。
水の中で動くのと同じように。

人間の体はその60~70%は水分で成り立っている。
しかしその水ですら酸素と水素が結合したもの。
さらに分子単位でみると、原子核と電子で成り立っている。
原子核と電子はごくごく小さなもので、もし原子核が1㎜とすれば電子との距離は50mと言われる。
いわゆるスカスカなのだ。

すべて目に見えている物質は実は空気と変わらないということになる。

体を極限までゆるめ、
そして気を丹田に沈め、深い瞑想状態に入っていくと
気と同化する感覚が得られる。

この状態で太極拳を行うと、まるで水の中を泳いでいるかのような柔らかい動きになる。
決して柔軟性ではない。

この動きができるようになると
推手や散手を行った時に、相手の存在や動きの見方が変わってくる。

あると思っている自分は実はなく、
そして相手もない。

ちょっとオカルト的な表現になってしまったが、
自分がこうと信じているものが、それが本物で、
それを実証することが出来るだろうか?

実は宇宙そのものが無で、私達もその無を有と信じているだけかもしれない。

私は映画マトリックスを観た時に、
かつてないほどの衝撃を受けた。
あまりの衝撃に映画を観終わってもすぐに席を立つことが出来ず、身が凍り付いてしまったことを覚えている。

あれこそ無を有と信じている世界をコンピューターに置き換え描いているものであり、
その当時、私がある特殊な状態(トランス状態)になっている時だったから、
あまりにもその偶然のタイミングに衝撃を受けてしまったのだ。

気なんて存在しない。
そう思うのは個人の自由。

しかし信じることで生まれる世界は無限。
それにそれを肌で体験していくことができる。

これからも究極の柔を目指したいと思う。

2017年6月26日月曜日

癒しの八卦掌

力ではなく意を用いて技を使う中国拳法を内家拳と呼ぶ。

その中で最も代表的な流派が太極拳(たいきょくけん)
ゆっくりやらわかい動きが特徴で、
主に化勁(相手の攻撃を無力化する術)を用いて相手を崩したり飛ばしたりする拳法。

次に形意拳(けいいけん)
一打必倒と言われる内家拳最強と知られる拳法。
勢いよく蹴り出した推進力を利用し攻撃するが、
暗勁(打たずに相手にダメージを与える術)を使って打つため派手な動きはみられない。

そして八卦掌(はっけしょう)
自転と公転を組合せ、円を描くように動きながら、掌を用いて攻撃するのが特徴。
独特な歩法を用いるので動きが読めず、相手をかく乱しながら攻撃を加える。

当会ではこの3つを稽古内容として練習しているが、
それは戦うためではない。
主なる目的は、体を鍛え、心身共に強くし、病気しない身体を手に入れること。
その上に自分の身を守るために、これら拳法を使って護身に役立てられるよう練習を行っている。

そもそも内家拳とは護身武術であり、戦うために編み出された拳法ではないとされている。
攻撃すれば相手からも攻撃されるように、終わりのない戦いがひたすら続く。
そして闘う意思のない者までもが犠牲を払い、その数の方が多くなることがほとんど。
歴史を振り返るとこのような悲劇がずっと繰り返されている。

内家拳の目的は、戦いを終わらせることにある。
内家拳の攻撃は実際は攻撃ではない。
相手の攻撃を鎮める術。
いわば平和のための拳法。

少なくとも私はそう信じてるし
私が内家拳を愛し内家拳を選んだ最大の理由。

八卦掌にしてもしかり。
闘うためではない。

八卦掌の基本功である走圏はただ円を描きながら歩くだけ。
こんな簡単な鍛錬法で、瞬時に心が癒され、無限の知恵が得られ、大いなる力を得る。
禅の境地とも言える。

そもそも犯罪は心の乱れから起こる。
だから癒しが必要。
皆が八卦掌を行えば、皆が安らかな気持ちになれる。

だから、
戦うためでもなく、
踊るためでもなく、
癒しのために八卦掌を広めたい。

これが八卦掌によって歩きだしてから思うようになったことだろうか。

2017年6月25日日曜日

気を感じる方法

なかなか気を感じることができない。

そんな方に、手っ取り早い方法がある。
気を感じるというより、気の疑似体験という感じだろうか。

方法は簡単。

両掌を向い合わせ、思いっきりパン!と叩く。
その後、手の平を強く擦り合わす。
手の平が熱くなってきたら、両手をゆっくり開き
ハンドボールぐらいの大きさのボールを抱えるようにする。
その後、ゆっくり手の平を開いたり閉じたりする。

これを「開合」という。

どうだろう?

手の平がぴりぴりし、手中に粘っこい感覚が得られないだろうか?
磁石が引き合うような反発しあうような、その入り交ざったような感覚。

今、手を叩き強く擦り合わしたが
気功を続けて行くと、これをしなくとも同じ感覚が得られるようになる。
この際、全身を十分ゆるめ、意識を手に送る。
そうすると手に気が集まり、よりいっそう感じやすくなる。

太極拳には様々な流派があるが、その中でも孫式太極拳は面白い。
套路の中にこの開合が頻繁に出てくる。
気功と形意拳と太極拳の融合という感じだろうか。

要するに技を使う前に気を練って
その気を使って技を掛けるということになる。

私が太極拳を始めたばかりの頃、
この手を叩いて擦る方法で気の疑似体験が出来たが、
今は逆。
これをするとかえって気を感じなくなってしまった。

完全に脱力して、手を開いたり閉じたりするほうがよほど感じる。

いずれも、気がどんな感覚なのか知る方法にはなる。
一度やってみよう。

2017年6月23日金曜日

電気、水、ガス、磁力、光、風、綿、ゴム、金属

一見なんの関連もなさそうな物質だが、
私の中では全部関連するもの。

そしてこれまで体験したもの。

「電気、水、ガス」

光熱費?
生活していく上で欠かせないエネルギー資源?

「磁力」
モーターをつくる上で欠かせない?
電車も新幹線もハイブリッドカーも電気と磁力で走っている。

「光と風」

自然界にあるもの・・

「綿、ゴム、金属」

身の回りにあるモノの素材。
綿で衣類をつくり、ゴムや金属で身の回りの生活品や自動車や建築物・・

で、
これらの関連性は?

そう、
氣です。

私が今まで氣功で鍛えられた方と手合わせをして感じたもの。

ある時は
風のように
またある時は水のように
そしてまたある時は金属のように固く。

かとおもえば綿のように柔らかかったり
ゴムのような弾力があったり

ガスのように空気中に溶けていったり
光を感じたり
触って感電させられたり、放電されたり。

手を動かせば磁力を感じる。

ますます不思議な氣。

私たちが普段何気に毎回行っている気功では
これら様々な物質や力となり替われる力を手に入れるトレーニングを行っています。

しかもその訓練は決して厳しいものではなく、
高齢の方でもできる体操のように、非常に気持ちのいいもの。

気功を行っていると不思議体験がどんどん起きてきます。

2017年6月19日月曜日

無力は強力

楊式太極拳で使う力はごくわずか。
どんなに繰り返し技の練習を繰り返しても息が切れることはない。
それほど力を使っていないということ。

時折、想像する。
もし、物凄いパワーで攻撃してくる相手に本気で楊式太極拳の技を掛けたらどうなるだろうと。

考えただけでも恐ろしい。
相手の力が強ければ強いほど与えるダメージは大きくなり、
下手をすれば命を落とすことになりかねないと。

楊式太極拳の恐ろしいのは打つ力ではない。
化す力。
消える力とも解釈できる。

空中戦で敵機に後ろに付かれた時、右へ左へと攻撃を交わしながら十分誘い込み、
崖壁等の直前で一気に急上昇し、追尾してきた敵機は崖に激突なんてシーンが良くあるが、
あれに似ている。

これと同じく楊式太極拳は決して闘わない。
許す、導く、化す

相手にとっては自分のしたことが自分に返るだけ。

だから散手の稽古の時は決して突きを早く打ち出さないようにと指導している。
それに、楊式太極拳の技のパワーを抑えるためには、力を抜くのではなく逆に力を入れなくてはならない。

力を抜くと危険度が増し、
逆に相手を守るために力を入れなくてはならない。
相手が危ない方向に飛んでいかないように力で支えたり、
相手が転落しないように手を握って支えたり。

だから
楊式太極拳では無力こそ強力となる。