2017年12月16日土曜日

背中がきれい?

昨日、Kさんの個人レッスン中に、
「先生は背中がきれいですね」と言われた。

背中がきれい?

最初ピンとこなかったが、話を聞いているうちになんとなく意味がわかってきた。

いわゆる背中がピンと伸びてるというだけでなく
その中にゆるみを感じるということらしい。

言われてみれば、私の背中は硬かった。
もっと遡れば姿勢も悪かった。

子供の頃、小児喘息で、発作が起きた時にその辛さを少しでも和らげるため
丸めた布団の上においかぶさるようにし、そして背中をまるめる。
どうやらこの癖がそのまま残ってしまったようだ。

それが太極拳を始めてから姿勢が良いと人から言われるようになった。
しかし今から思えば最初の頃の姿勢は決して良くなかった。

私が本格的に姿勢を正そうと思ったのは
先輩方の真っすぐな背中を見てからだった。
もう、それだけでスゴイと思った。

デキる先輩は姿勢がいい。
演武がカッコいいだけでなく、推手も圧倒的に強い。
決して崩れない。

それからだ。
本格的に姿勢矯正に取り組みだしたのは。

これが意外と苦労した。
なぜなら姿勢を正そうとするとどうしても力みが生じてしまうからだ。

肩を上がらないようにするのもそうだった。
今のように自然と肩を落とすことはできず、力を入れて肩を下げていた。
しかし今思えばそれで良かったのだ。

姿勢を良くするためには長年の悪い姿勢を直さなくてはならないわけだから
単にゆるめるだけではそうはならない。

鏡を見ながら格闘の日々が続く。
どうすれば先生や先輩のように姿勢が良くなるのか?

物理的に体のあちこちを突き出したり引っ込めたり・・
あるいは、背中にトンボのような羽がついていて、それを下に下ろしているようにイメージをしてみたり、
或いは背中がどろどろ溶けていくようにイメージしてみたり・・
立禅を行う時は、前を向いたり横を向いたりしていつも姿勢チェックをしていた。

鏡を見ながらの練習をすすめない先生もおられるようだが、
私は絶対鏡を見ることをすすめる。

私は美容の仕事をしていた時、女性にいつもこうアドバイスしていた。
「鏡をみなさい」と。
見たくても見たくなくてもとにかく鏡を見る。
そしてその変化をしっかり観察する。
そして次に大事なことは「変化に気付くこと」
変化に気付くことができればやる気につながる。
やる気になってしまえば、どんどんきれいになっていく。

これは姿勢改善も同じ。
人間嫌なものは見たくないもの。
しかしそこから逃げていたらいつまでたっても改善されることはない。

そしていつまで鏡を見続けたか?
もちろん姿勢が直るまで。
いや、それでもやめなかった。
気を許すとすぐにまた元の悪い姿勢に戻ってしまうからだ。

だから、姿勢が直ってからも、時折チェックすることを欠かさなかった。

それで結果どうなったか?
姿勢が良くなると套路も推手も散手も全て良くなる。
まるっと良くなってしまうのだ。

太極拳と言えば、ゆるめることとかやわらかく動くことをよく言われるが、
真っ先にやらなければならないのは姿勢。
姿勢がすべてを良くしてくれるからだ。

姿勢が良くなってしまえば、あとはゆるめることに専念すればいい。
そうすると背中の真ん中をすぅーっと氣が通るようになる。
今度はその「氣」が背中を自然に真っすぐにしてくれる。

太極拳の始まりはここからなんだ。

2017年12月15日金曜日

50歳からの太極拳

昨日の教室で最近入会された方の歳を尋ねると70歳とのこと。
また、現在80歳の方もおられる。
どちらも男性である。

20代の方も80代の方も男女問わず一緒に気功を行い、
太極拳で型を練り、
推手を行い、
散手を行っている。

因みに推手とは太極拳の最も基本的な技術を身につけるための二人で行う太極拳で
散手とはいわゆる技の練習のこと。

この20代も80代も一緒になって
推手や散手で対練が出来るのが太極拳のおもしろさだと思う。

例えば、腕相撲なら高齢者は若い人に敵わないだろう。
しかし推手となると話は違う。
なぜなら力を使う方が不利になるからだ。

もし相手が太極拳初心者なら力で勝つことができる。
しかし伝統の太極拳を幾年か嗜んでいる人なら、素早い突きもことごとくいなされてしまうだろう。

太極拳で大事なことは、
力を抜くこと。
そして柔らかくなること。

女性や高齢者に太極拳が向いていることが頷ける。

私が太極拳を始めたばかりの時、
どうやらガチガチだったようで、まずそのことを先輩から指摘された。

太極拳は見た目も闘うというより、まるで踊っているかのように見えるのに、
さらに力を抜くようにと教えられたことが私にとっては驚きだった。
「これで一体どうやって戦うんだ?」と。

実際、先生に技を掛けられると、空を打たされ宙を舞うことになる。

もう、これまで何度も書いてきたことだが、
私が太極拳に対し強烈な興味を持ったのはこのことが大きい。

弱そうに見えるのに強い。
カッコいい。

太極拳は50歳からと先輩に教わったが、
実際50半ばになってみてその意味がようやくわかってきた。

良く言えば力が抜けてきたということになるが
いわゆる体を動かすことがめんどくさくなっているということ。

かつて喧嘩っ早かった自分が今は喧嘩するのもめんどくさい。
パワーが有り余ってるから遠回りばかりしていた自分が
今ではいかにラクにできるかと考える。

余計なことに気を取られることなく、
必要なことだけに目を向けられるようになったとも言えるだろうか。

太極拳で散手を行う時も早くて華麗な技よりも、
ほとんど動かないで相手を崩す方法を選んでしまう。

先日、ある人に下勢(かせい)の使い方を聞かれたので、やって見せたが、
正直言うと面倒だった・・(苦笑)
しゃがんで、立ち上がって蹴るなんていう大技は力ある若い人に任せて、
私はラクをして相手を崩せる単鞭(たんべん)や提手上勢(ていしゅじょうせい)などを最近好んでる。

こんなことを言うと、
まるで練習せずにラクして強くなりたいと思ってるように思われるかもしれないが、
そうではない。
ラクに技を掛けられるようにするためには地味な練習が必要。
それが立禅であったり、基本功であったり。

特に私の中では立禅は最高に楽しい。
ただ立つだけの鍛錬だが、得られることは実に多い。
動いている時には気づけないことに気づくことができる。

先程、立禅を行いながら思ったことは、
「これだけでもいいのでは?」ということだった。

その意味を話すと長くなりそうなので、ひとまず今回はこの辺で。

2017年12月10日日曜日

飛んでいる矢は止まっている

ゼノンのパラドックスに「飛んでいる矢は止まっている」という説があるが、
これは時間という概念からその一瞬は止まっているということを示している。

実際に飛んでいる矢を早いシャッター速度で撮影すれば静止して見える。
当たり前と言えば当たり前なのだが。

これとはまた意味が違うのだが、
私は太極拳の練習をしている時、いつもこの矢のことを思い浮かべる。

いわゆる、その一瞬一瞬は止まっている矢のごとく、
立禅(站椿功)の連続であるということ。

太極拳はゆっくり動く。
その意味はゆっくり動かなければ鍛えられない筋肉を鍛え、
極限まで力を抜きゆっくり動くことで氣の力を強めることができるから。

それに太極拳の動きは常に円であることから、
早い動きで練習してしまうと円ではなく直線に近づいてしまうことにも気づくだろう。

円の動きをしっかり体に染み込ませていくには
ゆっくり動くのが最良の方法であることもわかる。

本日、当会で3度目の検定試験を行った。
1度目、2度目と比べると全体的にレベルが上がったと確信した。

特に嬉しかったのは、かつて何度言ってもゆっくり動くことをせず、
まるで早く終わらせてしまいたいと言わんばかりに速くて雑な動きだった人が
今回の試験ではとてもゆっくり丁寧に動こうとしたこと。

私はいつも言う。
「早く上達したかったらゆっくり練習すること」

しかし、何度言っても早く上達したいからと早く動いてしまう。
そして、いつも同じところで同じ間違いをしてしまう。

もうこれは仕方のないことなのだと思った。
せっかちな性格がそのまま出てしまうということ。

そこで私はゆっくり動くことから、静止することをすすめる。
立禅というのは決まったポーズとは限らない。
自分で立禅をつくってしまっていいのだ。
自分の苦手がわかったら、その形の立禅を行えばいい。

少なくとも私はこうして自分の苦手を克服してきた。

止まっている矢のごとく、静止する鍛錬を行う。
そもそも站椿功(立つ鍛錬)は、最初に站椿功があったのではなく
正しい動きを身につけ、勁力を上げるために生まれた鍛錬法であると。

動いてしまうとついつい筋力に頼ってしまうが、
静止すれば立つための筋力だけで済むので、沈む感覚を養うことができる。

こんなふうに、太極拳をやり込んでいけばいくほど、立禅(站椿功)の重要性に気付く。

頭ごなしに「立つ練習をしなさい」と指導するのではなく
「なぜ立つことが重要なのか」と自分で気づくことが大事だと思う。

2017年11月29日水曜日

近づいて来てくれること

来月10日に、当会では3度目の検定試験を行う。

1回目、2回目に比べ受験者は減ったものの、
それぞれ皆の意識が高まり、それに伴い確実に実力が上がっているのがわかる。

太極拳では体を十分ゆるめリラックスすることが大事だが、
師からは脱力だけではなく緊張することも大事だと教わった。

確かに緊張を味方につければ普段以上の力を出すことができる。
このことは武術に限らず様々な分野で経験してきた。

試験を受けようとすることで変わる意識は、やはり自分に厳しくなることだろうか。
弱点を放置せず徹底的に克服しようとする。

それに集中力が高まる。
人間集中すれば高い能力を発揮することができる。
試験という目標を決めることで自分の能力を最大限に引き出すことができる。

いわゆる「やればできる」ということ。
やれば出来るのにやらないのは実に勿体ない。
上を目指す人にとっては時間を大幅に節約することができる。

普段なら何度教えても出来ないことが、その場で出来たりする。
これは教える立場としてはとても嬉しいこと。


私は皆とやりたいことが山ほどある。
あれも、
これも、
一緒にやりたいと。

だが、今やっていることをほったらかしにして先に進むわけにもいかない。
先生自身が今やりたいことを生徒にやらせるのはそれは先生のエゴでしかない。
逆に生徒のやりたがることを自由にやらせるのもエゴ。

やさしい先生と思われたい。
自分も生徒も信じることが出来ない。
私の中ではそれは先生失格。

本当のやさしさは生徒の言いなりになることではない。
本気で生徒のことを思うならば
正しい武術を身につけてもらうため、
足元からしっかり固めるための地味な稽古を指導することになると思う。

基礎も出来ておらず浮足立った状態で套路ばかり覚えても
それはカッコだけの演武に過ぎず、技も氣も練ることができない。

だから、早くここまで来てくれと心の中で叫んでいる。
近づいてきてくれることは、私にとっての喜びでもあるから。

2017年11月24日金曜日

早過ぎる回復力

何かあるごとに気功をやっていて良かったと思うこと。

それは、体調不良や風邪、怪我の治りが驚くほど早いこと。

ここ数ヶ月、仕事によるストレスで精神的に滅入っていたせいか
先日うかつにも体調を崩してしまった。

最初、数日間筋肉痛ぽい腰痛が続き、
その後、突如として発症した酷い眩暈と今までにない激しい耳鳴り。

それに強い吐き気が加わり、
レッスン終了後、堪りかねて幾度となく嘔吐を繰り返した。

その日の夜はサークルでの指導があったので
体調不良に耐えながらもなんとか指導。
呂律が回らず、眩暈で独立歩の時に倒れそうになったがなんとか持ち堪えた。

そしてその日は早めに寝た。

翌朝、眩暈と吐き気は治まっていたが、今度は頭痛が始まった。
この日の午前はサークルで指導し、午後からはしっかり体を休めることにした。

その翌日。
ほぼ完全に体調が戻った。

数日間はこの状態に耐えながら仕事をしなければと思っていたが、
あまりにもあっけなく治ってしまったので自分でも驚いてしまった。

症状からすると長引きそうな状態も、最悪だったのは一日だけ。
しかもその日は最悪ながらも2つの仕事をこなしている。

骨折は5日で完治。
臓器損傷は3日で完治。
内出血は2時間で完治。
打撲は瞬時。
激しい眩暈と嘔吐を伴う風邪も1日で。

因みに、
これらは気功によって治したのではない。
普段行っている気功によって治癒力が上がり回復が早くなったということ。

人間の治癒力は無限のパワーを持っている。
最高の名医は自分に中にあると、改めて感じた。

2017年11月16日木曜日

太極拳の技と氣のはなし

今日はKさんのプライベートレッスンの指導を行った。

「私、納得しないと先にすすめないタイプなんです」とご本人。
それはそれでとても良いことだと思う。

私もかつてそうだった。
太極拳の型を見ているとまるで踊っているかのようにか見えない。
いつ?どこで?どんな技を使っているのがさっぱりわからない。
しかし先生に技をかけてもらうと一瞬で自分の体が宙を舞い床に叩きつけられる。

このギャップこそ、私が太極拳に最も興味を抱いた点だ。

それに、技を見せないのが太極拳の技であることも後にわかった。

そんなKさんを指導して間、私は質問攻めに。
「これはどういう技なんですか?」
「これはどこを打ってるんですか?」
などなど。

それに対し私は、
「この両拳で相手が突き出した腕の骨を砕き、
右拳で肋骨を折り、
左指先で相手の目か喉を突いて、
両掌から気を発射し心臓を破裂させ、
最後にそのまま吹っ飛ばす・・」

周りにいた人たちはこんな会話を聞いてどう思っていただろう。
私は指導に夢中で聞かれたことに答えただけなのだが
こんな残酷な話を平然してしまってる自分を後になって気づいた。

いずれも、太極拳には様々な技が含まれている。
日本武道でいう、空手、柔道、剣道、合気道、相撲
これらすべての要素が太極拳に入っている。

これを8つに整理したものが、太極八法と言われるもの。
掤、履、㨈、按、採、挒、肘、靠
(ほう、り、せい、あん、さい、れつ、ちゅう、こう)

掤で相手の攻撃をさばき
履で崩す
㨈で打ち込み
按で飛ばす
採で相手を掴み
挒で相手の動きを制し
肘で骨や関節に打撃を与え
靠で体当たりする

先程あげた日本武道の攻撃方法がすべて入っている。

更に太極拳の練習を行う前には必ず気功を行う。
気を練ることを練功というが、これによって力学上の技だけではなく
気を発射するという技が加わる。

太極八法の技にはまたそれを防御する技もある。
力学対力学の戦いになるが、その選択を瞬時に行わなければならない。

これは頭から指令を送っていたのでは間に合わない。
だからこそ普段からしっかり体を鍛え技を練る。
それによって頭ではなく勝手に動く体をつくりあげていく。
理屈ではなく、練習あるのみということになる。

しかし気を発射することに関しては受ける側は防御する術がない。
気は肉体だろうがコンクリートだろうが金属であろうがなんでも貫通してしまう。

これを防ぐ方法なないのだろうか?

氣による攻撃を防ぐ方法は・・
それもまた氣である。
また、氣で負ったダメージを治すのも氣しかないと言われる。

いわば気功によって
攻撃だけではなく防御力をも身につけることができる。
更に気功治療にも使え、
気功により免疫力、治癒力が上がるので怪我だけでなくあらゆる病気をも治してしまう。

先程私は太極拳に興味を持った理由は、見た目の華やかさとは裏腹に恐ろしい技が隠されている点と述べたが、
今、私が伝統太極拳を広めようとしている理由は、上記のことが理由である。

病をこの世から完全に失くすことは出来なくとも
病を未然に防ぐ方法、病を早期に見つけ治す方法を皆が身につければ、
人はもっともっと人生を楽しめると思うからだ。

これこそが私が生まれて30年間病で苦しんできた理由であり
健康の尊さを知ることができた私の役目だと思っている。

2017年11月15日水曜日

丹田氣圧

丹田に氣がたくさん集まってくると、
体が張り詰めたような感覚が得られる。

何で張り詰められるかは、よくわからない。

空気のような・・
水のような・・
はたまた光のような・・

丹田の氣の圧力が上がると、体全身の膨張率が均一になる。
学校で習ったパスカルの法則だ。

体全身が氣で満たされた感覚が得られ始めると
それがどんどん膨れ上がり皮膚で持ちこたえられなくなり
やがて体から氣が漏れ出す。

この状態に至ると、心に大きな変化が起きる。
全く恐れのない感覚。
全く不安のない感覚。

確かにこの状態で推手をすると、相手が動く前から動きを読むことが出来るし
どのような形で打ってこられても軽々といなすことが出来る。
それもそのはず、相手が打ってくるのが予め解っているのだから。

この状態になるには、
たっぷりと身体をほぐし、
たっぷりと立禅を行う。

「今日はもうしんどいからやめよう」と思ったらそれでおしまい。
氣で満たされた感覚を得るのはその先にあるから。

頭のてっぺん(百会)からパワーがどんどん入ってきて、
全身があたかも光の塊のような感覚を得る。

丹田の氣圧がマックス状態になると起きるこの光膨張現象。

こんな話をすると頭がおかしくなったのではないかと思う人もいるだろう。

でも考えてみて欲しい。
人間の体は何で出来ている?

筋肉?
ではその筋肉は何で出来ている?
タンパク質?
ではそのタンパク質は?
アミノ酸?
アミノ酸は?
リボソーム?
リボソームはリボンのような形をしており、
ぎっしり詰まっていると思っている筋肉そのものだってスカスカなのだ。

更に量子的に見ると、
それさえも原子核の周りに電子が回っている原子構造の集大成。
まるで太陽の周りを公転する地球のよう。

その原子核と電子の距離にしても、
仮に原子核が直径1㎜としたら電子までの距離は大体50mと言われる。
もうホントにスカスカで、
人間が透けて見えないのが不思議なほど。

なぜ透けて見えないかは引力と斥力が関係していると言われる。
ちょっと難しい話になってしまうので、話を戻すが
とにかく、人間は宇宙そのものであるということ。

だからこそ宇宙と繋がることが出来る。
その方法のひとつが禅である。

私が何故武術を続けているかというのは、
演武が上手くなりたいとか、
喧嘩に強くなりたいからではない。

まだ見ぬ人間の可能性をとことん追求したいからである。